News

2020年07月14日

投資信託運用レポート等のデジタル・トランスフォーメーション支援の開始について ~販売会社におけるスマートフォン対応を強化~

 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下「ミンカブ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生 憲)は、連結子会社である、ロボット投信株式会社(以下「ロボット投信」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:野口 哲)を通じて、同社が開発した投資信託の運用会社向け運用レポート等作成ツール「ロボット・レポート」を活用し、投資信託の販売会社であるauカブコム証券株式会社、SMBC日興証券株式会社、株式会社SBI証券、松井証券株式会社、楽天証券株式会社※1、投資信託情報ベンダーである株式会社NTTデータエービックと共同で、運用レポート等の作成及び開示をデジタル化し、広く投資家にリアルタイムに配信する取り組みを開始したことをお知らせいたします。また、その第一弾として、コモンズ投信株式会社、及び株式会社GCIアセット・マネジメント※1の運用レポート等の作成支援及び、販売会社との接続開始をあわせてお知らせいたします。※1:五十音順

20200714.png

 

 ロボット投信は、これまで、投資信託を始めとするアセット・マネジメント分野において運用会社の様々な業務をデジタル・トランスフォーメーションするソリューションを提供してまいりました。今後は、本件に限らず、これまでの顧客層に加え、ミンカブの保有する証券会社等の顧客基盤やミンカブの提携パートナーとの連携による自社ソリューションの強化・拡販を継続し、ミンカブとの相乗効果を通じたサービスの展開についても順次実現していく予定です。「ロボット・レポート」は、投資信託に係る運用レポート等を自動生成し、コンテンツをAPI経由で再配信可能にするSaaSSoftware as a Service)型のクラウドサービスです。「ロボット・レポート」の活用により、これまでPDFや画像で提供されてきた投資信託の基準価額・純資産総額の推移やポートフォリオの概況等が自動生成され、最新のデータに更新し続けることが可能です。また、HTML形式で電磁的に開示されるようになり、情報の即時性・適時性が高まります。スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスにも最適化した表示が可能なため、投資家はいつでもどこでも投資信託の運用パフォーマンスや組入銘柄等の詳細について閲覧することが可能となり、理解を深めていただくことが可能となります。更に、本取り組みでは、自動生成された運用レポート等が大手総合証券、NTTデータエービックを通じて大手ネット証券会社並びに地域金融機関に自動配信されることとなり、運用会社にとっては、「ロボット・レポート」を導入することで、より広くタイムリーに投資家に訴求することが可能となります。

 ミンカブ並びにロボット投信は、投資信託に係る運用レポート等の作成及び開示のデジタル化を実現し、運用会社の業務効率向上を図るとともに、より分かりやすい情報をより早く投資家にお届けすることで、多くの投資家にとって、投資信託への投資を通じた資産運用がより身近になるよう、努めてまいります。